FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--  スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| - | - | ↑ページトップ |

台湾雅三絃会10周年記念発表会

2018.10.02 01:08  音楽



台湾雅三絃会10周年記念発表会「十年」無事終わりました。




十年物事を続ける難しさ。人との縁。タイミング。


もうきっと数えきれないくらいの人に教えて来ました。この10年を改めて振り返るとね。


途中で辞めた人達もたくさんいるし、なんらかの理由で去って行った人達もいる。


去る者は追わず。人にはそれぞれ事情がありますから。それはそれでその人の人生を尊重してあげたい。


ここに残ってくれた人達は自分と何か縁があって集まってるんですよね。


外国で伝統音楽を伝える難しさ、言語の壁、文化の違い。ハッキリ言って同じ日本人に教えるのだって難しい。


例えば民謡には「間(ま)」というものがあります。


間ってどうやって説明するんだろうか?日本独特のこの感覚。同じ日本人に伝えるのだって難しいんです。






稽古だって毎週毎月できるわけじゃない。多くても年に2回か3回。


教えられる側にとっても限られた時間で続けていくモチベーションを保つのは簡単なことではないし。


そんな色々な課題や問題。前例が無いから誰に何をどうしたら良いかも聞くこともできないし、


お互いわからず常に試行錯誤しながらここまで進んで来ました。


そんな環境ですから僕も厳しくしたことはありません。楽しむことをモットーにずっとやって来ました。







元々は10年前に大阪時代に師事していた尺八の神崎憲先生からの紹介で台湾に来ることになったんです。

その神崎先生もこの数年前に天国へ行ってしまいました。


また僕の三味線の師でもある福士豊秋先生も。


色々な人の意志をついで僕はここに立っているんだなと勝手な使命感を持ってこの10周年を迎えました。






振り返ると、


台湾全土、観光も含めて色んな場所にも連れて行ってもらったり、色んなところで遊んだな~。





色んな場所で一緒に演奏もしたしね。まーすべてが順風満帆ではなかったけど、色んな問題を乗り越えて、まあ全ては良い思い出ですね~。


















で、




最後の合奏の前のmcで色々話してて振り返ると弟子がたくさんいて特別な感情がこみあげて予想もしなかったのですが、





感極まってしまいました。理由はわかりません・・・。





まあ色々な感情がぶわーと湧き出て来ましたね。








この10年ついてきてくれたのか、またついて来させられたのか(笑)わからないですが、多分みんなこの集まりが好きで続けてるんじゃないかな。



出会いは一期一会。



なんだかみんな老けたけどさ。(笑)なんか一緒に歳を重ねてくってのは良いですよね。


ひとつ言いたいのはね。必ずハッピーな場所にみんなを連れてくから、何があってもついてきてってこと。







この輪がもっと広がりますよーに。



感謝大家。








次は15周年目指すぞー。







スポンサーサイト

| - | - | ↑ページトップ |

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。